夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

10位

交流戦の全日程を消化した中日。10位。まだ決まったわけではない。11位の可能性もある。今のプロ野球チームで中日と楽天が低迷しているのが明らかになったシリーズでしたね。


今日は西武との第3戦。予告先発の松坂は背中に痙攣で試合開始前に突然の登板回避。メットライフドームは松坂の古巣の地での登板を見ようと満員。最終的にに勝ち投手になった藤嶋のヒーローインタビューで超満員のお客さんが藤嶋さんの初勝利を祝福みたいなインタビューアーの問いかけに藤嶋も苦笑い。松坂を見に来た観客やそれってな感じですわな。


以前もこの手の登板回避で浜田達郎が完封とか経験したことのある中日。勝ってもなんとなく後ろめたい勝利になってしまうところがある。それにしても松坂。登板回避するには勇気が要ったとは思うが、予告までしていて調子を持ってこれないというのはプロとしてどうなのかな?と思ってしまう。おそらく無理するとヤバイというところだったんでしょう。だが目的を持ったお客を裏切る形にはなったので、松坂またか!と捉えられてもしょうがない。


試合は中日が先制、追加点と妙に打線が活発。というかビシエドが6打点、アルモンテ3安打すれば、元来の外国人頼み打線が機能したということですね。その中でも周平、福田がそれぞれタイムリーを打てた。


先発は急遽、藤嶋に。ドラファンが待ち望んでいた先発投手。打たれながらも、独特のテンポの良さ、明るさにファンも納得したとは思う。藤嶋投手、おめでとう。初勝利。


これでローテに入ってくるのかどうかは松坂の状態次第かもしれない。とにかく、週末まで試合がないので、ローテ再編はあり得る。


野手は動かしようがない。というのは一軍と二軍をという意味で。もし上げてくるとすれば、溝脇と伊藤康にしてほしい。今年、投手では若手は完全に台頭してはいないが、春先の経験を経て、これからの夏、再チャレンジに期待が持てる小笠原、笠原、藤嶋、柳。柳はまだちょっと未定かな?野手陣では周平がなんとかここまで来た。京田も2年目のジンクスではない。誰かもう一人くらい彗星の如くという人材とすれば、伊藤康に期待ですね。あとは待望されて久しい溝脇。


若手にチャンスを与えに行くか。またはベテランの経験を活かして、繕いながら行くか。2つがうまく融合すればいいが、多分、ベンチはそんな器用なことできないような気がする。がんばっても最下位の中日のままなのかどうか。

降竜

今日は大敗。これだけ交流戦に負けがこむと、降竜戦になってしまう。


いや、実力としてこんなものなのでしょうね。ガルシアはよくやってくれてるので、ケチはつけられない。最初は構想になかった投手ですし。又吉の突然の乱調も、今年は定番となってしまってるが、彼は夏場なんですよね。本領をだすのは。


キャンプを見た解説陣はこぞって中日を最下位予想するのはもはや定番ですが、その根拠の中に、練習をしてない。というものだったか、練習内容が悪いというようなことがあった。去年も同じ。


やはり、あながち嘘でもないと思う。プロになる選手にあまり大差はないとは思う。入ってからの練習や、技術の磨きも大きく影響するとは思うが、中日の選手には体力がない。走って得られるなら、走っておくべきだったのかもしれない。爆発的力が望めない。やはり根本的に腕っ節の強い外国人に頼らざるを得ないチームなんだなと。その外国人も最後までもつか。


もし、キャンプ中の成果なり、シーズン中の練習が実を結べば、夏場に攻勢をかけれるだろう。でなければ、例年どおり失速するしかない。

負けても希望有り

西武との1戦目。サヨナラ負け。勝っていた試合。8回表までは。


笠原、初回から四球のオンパレードでどうなるかと思いきや、6回までノーヒットピッチで行くとは・・・チェンジアップを有効に使い、まったく山賊どもを寄せ付けなかった。この笠原が見れただけでも、希望有りということで満足できた。捕手の木下も8回に菊池からホームランを打つという、もうだれもが最高の夜を迎えれると思ったが・・・・


8回裏、岩瀬がピンチを作ったところで祖父江登板。浅村に同点打を打たれる。いつまでも岩瀬に頼っているわけにはいかないということなんですが、他に誰が行ってもよく似たような結果になっていたのかな?笠原が1回をセーブしていれば完投とかもできたのだろうが、その後、あのような快投をしたかどうかはわからない。あの1回の不調があったからこそ修正が効いたのかもしれないし。とにかくツボにはまれば笠原はどんどん行くタイプ。


鈴木博志はこのところ、打たれっぱなしで、嫌な予感はしたが、予感どおりだった。これも西武打線の怖さによるものだと思う。均衡したゲームで延長ともなれば、拙攻の中日打線より、西武の超強力打線のほうがどこからでも点が取れる余裕があるというもの。大差をつけない限り、中日投手陣では西武相手に僅差は守れない。


直倫と荒木を左殺しのつもりでスタメンにはしたが、普段試合に出てないだけに、いきなりは打たんでしょうね。しかも左とはいえ、菊池ですからね。対左のエースの周平を見たかったんですがね。


まあでも、笠原の収穫はほんと希望がある。負けてもいいんですよ。このようにこの先、期待が持てるなあということが、1つでもあれば。


いまのところ、最下位の中日ではあるが、なんとかそういう希望のいくつかは見受けられる。まだ捨てるには惜しいシーズンなので、どんどん希望をみせてくれればいい。