夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

先発二枚刃

リリーフ陣の昨今の疲弊、各球団リリーフ投手で活躍する選手を酷使し過ぎて次々と勤続疲労が起きていますね。


私は高校野球にはあんまし興味無いのですが、あの酷使の代名詞みたいな甲子園の連投も最近では大阪桐蔭のように複数の投手で賄うスタイルになりつつありますよね。その新スタイルと真っ向勝負するのが、金足農の吉田くん。彼は地方大会からずっと一人で投げているようですが、これは心配ですね。プロ入りしたとて投げられないかもしれない。マスコミは松坂以来の怪物ともてはやすが、後遺症が出る可能性が高い存在。この新旧スタイルの決戦は興味ありますね。金足は古い体質というわけではない。スポーツ科学の専門家を擁して、秋田県自体が野球技術の向上を目指したということもあり強いらしい。


ところで二枚刃とは上記、桐蔭の取っている、先発複数制のことだ。柿木という投手がエースで毎日投げてはいるが、そこに根尾ら二刀流も加わって、柿木が潰れないようなサポートスタイルを取っている。このスタイル、プロではできんのかな?特に、今シーズン開幕当初、先発だけかなりいるというドラゴンズの状態があった。


例えば
先発 松坂 5回投げる。 6回から藤嶋が9回まで投げる。
先発 吉見 5回投げる。 6回から小笠原が4回投げる。
別に逆でもいい。まあ、プライドの高いベテランは最初とかいろいろあると思う。ローテ6人全てやる必要もない。でないと祖父江、田島、鈴木の存在価値がなくなるだろうし、全部うまく行くわけがない。松坂のように先発回避する人もいる。1番手も2番手も打たれて結局、今までのリリーフと変わらないかもしれない。


ただ6ローテのうち、3ローテくらいそれをやってうまくいけば、リリーフが勝ってるときも、負けてるときも投げなくていいかもしれない。


先発の負担を減らすとともに、リリーフの負担も減らすことができるが、出場選手登録が限れれるため、やっぱ難しいか?ここでクローズアップされるのが二刀流かもしれないですね。大谷はサキガケになっているが、登録選手内でうまく投手陣を回すには内野手もやるが、投手もやる。外野もやるが投手もやるという選手が普通に居ればこの問題は解決できるのかもしれない。これを邪道と見てしまう人は多いとは思う。特に広岡さんとか張さん。今や大谷の存在があるし、できてしまえばこっちのものではあるんですけどね。時代は変化していくということで古い人には理解してもらいたいですね。私も古いほう。かつて嘉勢?って野手兼投手の選手がいた。大谷以前に二刀流いたんですけどね。それを落合さんが見事にホームランで打ち返した。そのとき、さすが落合、なめんなよ嘉勢!って思ったが、あれがうまくいって球界に普通に二刀流がいれば、浅尾も故障しなくてすんだかも・・・


まあ、例えばの話なんですけどね。おそらくシーズン通してというのはリリーフ陣には難しい。昔の選手はやっていたということもあるが、昔も今も投げすぎた選手の寿命は短い。


高校野球の真似などできるかい!ってとこもあるかもしれんが、いいと思ったら取り入れればいいと思う。スポーツ科学なども、使ってはいると思うが、どんどん取り入れていけばいいと思いますね。


もともと、現在のリリーフ制を活用し始めたのは、中日の元投手コーチ故近藤さんと聞く。昔のエースが先発もリリーフもやるという酷使を助けるつもりだったと思う。これがうまくいったチームは優勝に近づくのも確かだ。しかしそのスタイルが今度はリリーフの酷使に繋がってしまった、いたちごっこになるかもしれんが、球界レベルでスタイルを刷新することも、ありやで!ドラゴンズ!


魁ドラゴンズになるのもいい!


逆転負けの軌跡

昨日の逆転負け、大逆転負け。今年は29回?逆転負けがあるが、致命的な、もう勝ったよと思ってからの逆転負けが目につきますね。こんなこと、なんて暇人と思われるかもしれませんが、ざっと上げてみると・・・・


4/13 DENA戦
7回まで5-3とリード。7回裏、又吉3失点。小笠原の勝ち消える。


5/3 ヤクルト戦
6回、7回で3点づつ取って6-3とリード。7回裏、岩瀬、鈴木で3失点同点。延長で田島がサヨナラ負け。


5/8 ヤクルト戦
7回まで4-2とリード。柳が突如崩れ逆転されるがなんとか同点にして引き分け


6/15 西武戦
笠原の神ががった投球で強力西武打線を7回まで2安打。2-0でリード。8回岩瀬が同点においつかれ、笠原の勝ちを消す。延長で博志がサヨナラ負け。


6/28 ヤクルト戦
9回、6-4で守護神田島で逃げ切りを図るが、田島が山田にサヨナラ3ラン浴びる。


7/21 ヤクルト戦
9回福田の勝ち越しホームランで逃げ切り体勢にはいるが、博志が川端にサヨナラ2ランを浴びる。


8/11 ヤクルト戦
初回に4点失うも、序盤で逆転、同点の7回勝ち越し、しかし8回又吉3失点で逆転負け。


8/12 ヤクルト戦
藤嶋、石川の投げ合いの中、8回ついに中日1点先行!逃げ切りに入るが、博志がバレンティンに2ランを浴び、逆転負け。


8/14 DENA戦
5-4と勝ち越して、9回に入るが、マルチネス、岩瀬で逆転される。


8/19 巨人戦
5-1リードで9回。岩瀬、マルチネスで5失点。逆転負け。藤嶋の勝ちが消える。


まあ、10試合近く勝ち試合を落としているんですが、勝っていれば5つくらい貯金あるのかな?未練がましいね私も。


今、ラジオで権藤さんが言ってますが、中日投手陣は個々の選手はいいものを持っている。悲壮感が漂い、四球一つで顔色を無くしてしまうとか。これは誰かそういう雰囲気にしていると思われるのだが、森さんなのか朝倉なのか。チーム全体が真面目過ぎるのか。
森監督の顔が怖すぎるのかもしれんな・・・


もっと、リラックスしてどーーーんと行ってこい!


誰か声かけたってくれ。森監督、朝倉コーチを無視して誰かやってくれ。それか森さんが声かけるのが一番いい。


今日はマルチネスが2軍へ。ここへ来ても降格できるというのは、えらく戦力があるんだね。下からは誰か上がってくるかな。柳、大野、祖父江、伊藤準規あたりの誰かか?


これだけやられてもまだ2位以下が借金しているから、変にCSの可能性がある。まあ、かなりの割合で勝たなくてはならないが、うーーーん。異常気象みたいなシーズンだな。







ありそうなこと

9回4点リードから5点を取られて大逆転負け。


こんな負け方あるかよ!って思うでしょうが、最近の中日はありです。私が子供の頃、このような試合を見たら、夜も眠れぬくらい悔しい想いだったかもしれませんが、まあ、ある意味、ひねてしまったもので。それはいいとしても、3連勝前に定番になっていた魔の9回が再現しちまったかあ・・・・


打線は17安打で5点。うーーん10点欲しかった。10点あれば昨日のお返しで、しかも藤嶋の勝利まで行けた可能性はある。でも今年の打線の特徴が出たのでこれはこれでいい。アルモンテがことごとく好機に凡退しているので、これで続いていればということだけど、やはり調子の悪い日もあるだろうし、腕の具合もあるしね。


平田は止まらない!あのサイクルの日から17打数14安打?恐ろしいくらいの固め打ちが続いており、反動が怖くなってきた。今、平田はボールが止まって見えるのか、どこへでもコントロール可能な状態なのかもしれない。続いて大島4安打、ビシエド3安打、福田3安打、周平マルチ。京田は2番の犠打の仕事をした。これだけ打ち込んで5点はちょっと寂しいなやっぱり。


悔やまれる9回裏ですが、岩瀬-マルチネスで抑えに行ったが・・・・まあ岩瀬が抑えていればということになりますが、際どいコースをボールと判定されて、真ん中に集まってしまったか・・・・マルチネスも今日は無いだろと思ってきたところで、ピンチでの登板。ちょっと泡食ってしまったかな。そこが抑えでもう一つ慣れてないところかもしれない。キューバで抑えはしていたんだろうが、歴戦ではない。まだ若い選手だ。先日江川の解説を聞いていて、ああすれば、良くなるのでは?という言葉もでていたので、訓練がまだ必要な選手なんだと思う。


これでまた、抑えのカードが一つ消えた?ということなのか?岩瀬もマルチネスも2軍へ落とすか?それはできないだろう。もう佐藤しかいなくなる。なので、鈴木、又吉あたりは急いで降格し過ぎた感じがしますね。


2勝1敗ペース維持がいきなり崩れた中日。でも連勝して返せばいい。魔の九回と同じく、連勝の波をつくるのも俄かに得意になってるしね。今日の試合、私は、あんましショックでないよ。あるあるということで。


今シーズン、野球もサッカー(J1)も広島。名古屋グランパスも中日も低迷でしたが、グランパスは最近勝ち続けているサッカーで5連勝って5週づっと勝ち続けているみたいな感じで、私の感覚では野球の10連勝以上の重みがある。


ドラゴンズもできる!きっと。