夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

ショウリュウ

昇竜 復活 with blue


来季スローガンが発表された中日。今まで原点回帰とか強竜再燃など、私的にはいい言葉が今まで出ていたと思うが、どらも功を奏しなかった中日。


復活とはいつの時代を復活させるのか。与田監督が入団した当初、昇竜という言葉がよく聞かれたということで、星野監督時代のことか。あの熱い時代をか。


どうも星野監督時代のスタイルを呼び覚まそうとする、マスコミの後押しが多いような気がするが、与田監督のやりたいようにしてくれればいいと思う。私的には星野、落合がMIXした形がいいのかな?とか思ったりもするが、実は星野、落合の両指揮は静か動か、秘めるかさらけ出すかの違いが少しあるだけで、よく似てるんだと思う。なかなか真似はできない。


与田監督は何年かぶりに電力会社の後援会?などの式典などにも出たり、後援系も大切にしようとしている。ただこれが度を超すと、阪神のようにタニマチがうるさくてというようなこともある。ただ味方は多いほうがいい。落合さんのように一匹オオカミもカッコよいし、事実結果も残していたが、近年の球団の疲弊ぶりは、後援系をちょっとジャケにしたツケもあるとは思う。星野さんのように、言い方は悪いが人たらしみたいな感じになっても、何か変な感じではあるが。


ただ、後援系にそれなりの節度をもって、接すれば、何かと援護をしてくれるはず。金出してくれるとかそんな露骨な欲望でなく、地域の中で中日を宣伝してくれたり、それなりの効果はあると思う。


中日の球団運営はなにかと謎だが、地域が支えてくれているのは確か。この地方のプロ野球球団は1つだから、随分、過保護に育ててもらったと言っていい。多種多様な時代になったので、地域のライバルと言えば、サッカーのグランパス。バスケットの球団なども出てきている。


過保護になってはいかんが、まあ、どっぷりつからないかんところもある。難しいが、時代に取り残されんように注意も必要か。

戦力は均衡するか

各球団の補強はだいたいこんなところなのかな。


広島から丸が巨人に移ったというのは、超ビックな移籍だとは思う。ここ三年、広島の独壇場だったセリーグが大きく変わるかとまで思ってしまう。


広島は丸が抜けたところで、丸同様のパフォーマンスを出せる選手が出てくるかと言えば、なかなか難しい。田中、菊池もそろそろ曲がり角にきているかもしれないし、投手力も安定性を欠くことがあった。それでもセリーグでは一番強いとは思う。ただ4連覇は他球団として阻止したいところですね。老舗の中日ドラゴンズとしては、巨人が優勝しなきゃそれでいい、巨人に勝てばいいという古い考えは棄てて、広島に勝ち越したことを誇りに思い、広島の進撃を止めてもらいたいですね。


ただ、巨人は例の如く、補強を続けてますね。思うのだが、丸はいいとして、中島、炭谷、岩隈は要るのか?中島は右の代打、もしくはマギーのかわりのサード?今、中島内野はファースト以外守れるの?岩隈はわからん。2年前は16勝しているし。しかし37歳。若手の手本として呼んだか?最後は巨人で花道をということか。今季補強した、野上もわからんが、あんまし怖くないしね。山口のほうがよっぽど中日は苦手にしてるし。巨人の補強のポイントはよくわからんところだ。強力なストッパーが必要だとは思うが。どうせなら浅村も西も巨人が獲れば、そりゃ強くなるだろう。巨人にはこっぴどくやられた中日なのでえらそうなことは言えんが、もうちょっと広島に抵抗してもらわんとね。


阪神は西を補強。外国人ストッパーのジョンソンを獲得。ドラフトはどちらかというと後塵を拝していたような気がする。なんとなく藤浪が復活してくるような気配も無きにしも非ず。ここもストッパー、セットアッパーでよく試合を落としていた。中日と同じ。ジョンソンにかかってくるな。あとはオリックスに人的補償で誰を獲られるかということもあるが。打者では上本が残留したので良かった。あれだけ活躍できるが怪我が多い選手なんでしょうかね?


DENAは毎年、新人投手が活躍しており、上茶谷もやるのではないかという感じ。今永、浜口、東とこれまでの貯えもある。ラミレス監督のリリーフ投手攻勢は来年も続くと思われる。1軍枠29人変更にリリーフが増やせると喜んでいました。しかしあの起用法は疲弊すると思うが・・・


ヤクルトはあんましわからんのだよな。昨年のドラフトでとった村上が出てきたっけ。なんだかんだでバレンティンは長くヤクルトにいるが、居心地がいいのかな?5球団だんごで最後に2位まで駆け上がったのは見事だが、他の4球団がもじもじしすぎたということもある。まあ、中日はね・・・神宮で勝てる試合、全て逆転負けみたいな失態を演じてしまい残念。落合系の首脳陣が最後まで苦手にした神宮。来年は心機一転、勝ちに行ってほしいですね。


かくして、中日は・・・ドラフトは成功と見ていい。しかし1年目からの活躍は未知数。今季、13勝したガルシアはもういない。獲得したロメロも未知数。投手陣は実質、復活の松坂の6勝が最高とはなんとも来季投手陣も未知数だ。松坂が公約通り12勝でもしたらほんとすごいが、いやあ・・・難しいんじゃない。期待はしますが。それより若いの、まあ。柳、小笠原あたりブレイクしないと勝野と梅津が出てくるかもしれん。打線は珍しく今季、打てた方だった。作戦面で歯痒いのはあるが、わりと強力打線。もっと足が使えればいいのだが。大島、京田、平田。3人いればそこそこ足でかき回せるはずだが、今一つ思い切りが無い。そろそろ上手さを兼ね備えてほしい。あとはリリーフだな。あの崩壊状態から復活はあるか?


巨人と広島の戦力は均衡するかに見えるが、試合巧者は広島だと思う。中日は・・正直、毎年のことだけど・・・・やってみんとわからん・・・


来季は・・・


広島にまた勝ち越せるように。
巨人戦は新聞屋の意地で勝て
阪神とは仲良くやれ
DENAのことは昔の大洋だと思え
神宮のヤクルト戦、実は今季全勝するぐらい勝てていたと思え
そして、交流戦は3位以内に入れ


この目標で行きましょう。日本一になれるはず。


晴れの門出

入団した新人選手。彼らへの期待は大きい。


迎えるのはドラゴンズブルーの晴れ空。中日ドラゴンズの未来を彼らに託そう。


と言えれば絵になりますね。根尾君の所信表明によれば、勝つため、日本一になるため、”何でもする”。小さくまとまらず”ホームランを打てるように”と言ったところが、いいねえ!


何でもするということは、一流になるために努力を惜しまないという意味だとは思うが、私的には、どこでも守ってやろうというようにも聞こえる。根尾君がどっちを選ぶか・・・じっくり京田との競争でショートを狙う。これに固執すると意外と時間がかかると思う。即、スタメンで出てやる!ということなら、セカンドでも、外野でも守るという意気ごみがあれば、最短コースになるかもしれない。守備にプライドがあるらしく、まず守備でのパフォーマンスで競争していくのだろうね。


ホームランを打てるように・・・・なってほしいねえ。中日に必要なのは、怖い打者なんだと思う。今、一番怖いに近いのは平田だと思う。ビシエド、アルモンテは除きといいたいが、2人の外国人はどこか優しさを感じる。平田はけっこう何をしてくるかわからないという点で怖い打者だと思う。並行して選球眼もいい。しかし先輩平田を見習えというわけではない。打者としてこの領域に行ってほしいという元中日の選手でいうなら、福留と和田の領域です。この2人は相手にとってほんと怖くて嫌なバッターだったと思う。打撃フォームとかそんなんではなくて、打者の雰囲気をここまでもっていってもらいたい。もしくはそれ以上となると、スーパーな領域になると思う。


梅津、勝野ともに先発を希望。近年、広島が岡田や薮田でいきなり勝ち星を稼ぎまくったように、この2人、やってくれんかなあ・・・・2人とも12勝、13勝とかね。まあそううまくは行かないが、梅津のスケールの大きそうな体、勝野の勝てそうな雰囲気は期待せざるを得ない。


垣越、石橋、滝野にも同様にスケールの大きい選手になってほしい。滝野の背番号51は新たなる息吹を感じてしまう。やはり2018年のドラフトは神ドラフトだったと言えればいいですね。


チアドラも新メンバー。西のチアドラ、東の・・・東の・・・ロッテの・・・チア・・・
みたいにチアドラも西の横綱としてのパフォーマンスを頼む!