夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

VS広島 

今年の開幕戦の相手、広島と練習試合。今やセントラルは広島に勝ってなんぼの世界。ここんところ痛めつけられてるので、開幕で、まだ調子の探り合いの時点に奇襲をかける必要がある。広島は連覇しているチーム。広島には余裕をもって挑んでもらいたい。その隙を体の出来上がったドラゴンズが襲う。そんなにうまく行くわけねーよ。まあビジターで1勝できれば・・・・・


本日は笠原、鈴木翔太が登板。2人とも高めに不用意に浮いた球をバティスタ、鈴木誠也に持ってかれた!この時期だからだと思うが、高めに浮く球が中日投手陣に目立つ。浮いてきていいのは強烈なストレートのホップ球。普通の速さだと簡単に持っていかれる。


打線ではアルモンテ打つね。またタイムリー。というかアルモンテでしか点をとってないんちゃうか?あとは京田はリードオフマンとしての働きをしているように思うが、亀澤も含め、1,2,3番の出塁は良かったが中軸が打てずか・・・周平も今日はストップ。


守備で京田、周平でダブルプレーを獲ったようです。ここだ。二遊間の完成度は併殺を獲れるか否かで大きく違う。周平は打力に主眼を置いているが、守備で併殺は普通に獲れるレベルにならないと、一軍ではお話にならない。そういった面で一安心ですかね。


雅人が盗塁2つを刺した。これも二遊間の併殺で、盗塁阻止率が高くないと、走りまくられる。広島はみんな走ってくるので要注意。


そんな中、ルーキー高松が代走で出場。外野フライから帰塁できずアウト。その脚に期待が大きい高松。代走専門でも価値はある。その場の雰囲気を掴んでの走塁ができることを祈る。


今年も広島は強い。強い球団に勝ってこそ面白いので、逃げずに挑んでほしい。


あ、そうそう、試合は負け~~~。まあ何がしか内容があれば、OK。

VS巨人に勝つ

練習試合、巨人戦に5-3で勝利。勝てばうれしいね。練習試合でも。


先発 又吉は3失点とコメントでも危機感をあらわにしてましたが、調整段階なのでまだまだ心配なしと見ます。又吉は夏ごろが一番いい。手が付けられないほど球が走る。春先はちょっと心配ですが、去年先発スタートでいいピッチングしてたので大丈夫でしょう!


2番手小笠原は3回無失点。力強いので開幕投手ゲットしてほしい。87キロのカーブを投げたそうで、これが本格的に投げれれば今中並みの緩急を持ったと言っていい。


アルモンテのダイビングキャッチで小笠原を助ける。この時期にやってくれた。こういった真面目で熱い?外国人は中日向き。


3番手柳も無失点。4番手は木下で締める。ちょっとこの辺詳しくは知りません。でも木下選手が大分期待されているようですね。支配下登録間近なんでしょうね。中継ぎは一人でも芽が出てほしい。


周平が2安打。特筆すべきは自打球を受けながら、タイムリーを左中間へ打てたこと。かなり痛がっていたがよくぞ打った。本当に怪我をしてしまったら元も子もないが、痛いの痒いので甘えないところは気迫を少し見せてくれたね。ほんとに怪我はするなよ。したら持ってないヤツになるから。


敵ながら巨人の吉川尚が3安打。かつては中日も獲りに行った選手。そのかわりと言っては失礼だが、京田をものにできた経緯はあるが、吉川にもレギュラーを獲ってほしい。守備ではアルモンテのセンターへ抜けて当然の当たりを獲るなど素晴らしいところもあった。それに広島の田中の弟、俊太も活躍していたようで。巨人も動ける選手を育てているようだ。いやらしい選手が育ってきたら巨人も嫌な感じになる。

猛練習と見ていいか

昨年、ラジオの実況で元巨人元木が春の中日のキャンプが緩く見えたというコメントがあった。厳しいと言われてきたドラゴンズのキャンプが緩い?耳を疑ったが結果が下位低迷となるとまんざら嘘でもないような気がする。


昨今のドラゴンズの選手は大人しく、サラリーマン的な感じになったのかもしれません。与えられたメニューはこなすが、いざ自分でそれ以上のこととなると、どうしていいかなんて・・・・これってでもなかなかできないかも。自分に照らし合わせると、与えられたことでさえ満足にできないことは多いので、まあ偉そうなことは言えません。


そんな中、小笠原がブルペンで疲れた時の状態を確かめるために、300球以上投げ込んだらしいですね。その後もノックなどのハードトレをこなしていました。ルーキーの清水らも若くてもっともっとやろうぜみたいな姿勢が見て取れました。高橋周平も練習試合後も居残りでティーをやったり汗だくでしたね。


ほんの一部しか見えてないのでしょうが、ドラゴンズは猛練習しているにちがいない。


昨年は可能性を示したような年だったと思う。今年は芽が出るような年にしてくれたらな。成績は自ずとついてくる。弱いチームが駆け抜けることもあるのがプロ野球。みんなのタイミングの時間軸が合えば栄光もまた可能となる。