夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

空しい時を振り払う

DENAに11-5で大勝。見に行っていたら満足できそうな試合でしたね。


松坂5勝目、平田サイクル、周平サイクル手前、浅尾復活登板など見どころは多かった。


今日はわりとテレビでずっと見れたので至福のひとときを送れました。波が大きいが昨日の小熊に続き、息苦しくも空しいときを少しは振り払えたかな。


松坂はいつもより力を抜いて投げていたように感じた。何やらしんどそうな表情だったのが心配ではあるが、リリーフが崩壊している中、なんとか少しでも多く投げようとする意気込みが伝わってきたように思う。投球内容は6回3失点でQS。緩い球、ほんとキャッチボールするような球も中にあり、投球数もいつもより少な目で、打たせて取っているように見えた。鹿島さんの解説の中で、松坂が逆球になるのは、本来、逆にならないように指先などで調整するんだろうが、その際、肘、肩に負担がかかるようなので、それを回避するため逆になっていいと投げているというものがあった。なるほど・・・そういうところもあるんですね。そうとは知らず、松坂は逆球だからなあと言ってしまった私自身、やっぱり素人ですね。そういったところいろいろ解説してもらうと見方が広がりますね。


平田のサイクルは神様が導いてくれましたね。3塁打は運が良かったな。1番が5打数5安打なら10点以上いける。今シーズンは途中から非常に冷静にプレーしている平田。首位打者にも返り咲いた。しかしサイクルって今シーズン4人目?わりと多いですね。それとは知らず、周平もサイクルにリーチしていたとは。打って代わって周平は3塁打を後まあわしにしてしまったのが運の尽きでした。でも周平の4安打は凄いね。松坂が投げると周平がホームラン打つというジンクスも継続。あのホームランは完璧だった。


問題はリリーフだ。浅尾の復活は嬉しいのだが、運も悪かったが満塁のピンチを招く、なんとか抑えた。しかしよーし、浅尾復活だ!とは到底いえないだろうね。その前の岡田はもしかすると2軍降格かもしれないほど打ち込まれた。最終回の三ツ間はまあ無難ではあったが・・・リリーフに回復の兆しは程遠いようなきがする。やはり先発で余った人材を1,2人回したらどうなのかな。余剰というと贅沢ともいえるが、また先発は来年目指すとして、柳、大野あたり怪我をしているわけでもないので、投入を考えてもいいかもしれない。まだ勝ちに行くのであれば・・・・成功するとも言えんけどね・・・


東京ドームでの巨人3連戦は勝ちたいね。2勝1敗ペースでいくしか5割の目はない。このまま今シーズンを諦めるときでもない。ほえろ、中日ドラゴンズよ!

残り37試合

新聞の順位表にも残り37試合との表示。


ここまで中日ドラゴンズ 46勝59敗1分け 13のビハインド。
五割を達成するには25勝12敗で71勝71敗。これは3連戦2勝1敗ペースでいくことが必要。そこまで安定した勝ち星を今まで得られてないだけに、望みは薄いが、やってやれんこともないような気がする。さらに負けが混むようなら消化試合で来年を目指すもいいでしょう。でも昨今はCSがあるので昔ほど消化試合にはならない。よほど負けない限り。よほど負けつつあるんですけどねドラゴンズは。でもまだだ。


ここへきてアルモンテにキレが戻ってきた感じがする点、打線に得点を期待してもいい。でも相変わらず満塁での無得点は多くみられるような気がする。こんなに満塁機を逃しているシーズンも珍しいかもしれませんね。あとは大島かな。大島が躍動すれば綺麗な流れが出るようなきがする。京田、周平、福田は・・・このままのような気がする。誰か一人爆発してくれればいいけど。


投手陣はかなり崩壊の危険性を含んでいたが、曲りなりにも短期でも一軍で頑張れる人材を備えてはいたため、誰もいなくなることは無かった。誰もいないとか思ったら、なんとか出てきてくれている状態。ギリギリではあるかもしれないが。


現段階のローテ
ガルシアー小熊ー吉見ー山井ー笠原ー藤嶋


間隔を空けて登板、もしくは復帰期待
松坂、小笠原、柳、大野


リリーフ陣
佐藤、岩瀬、岡田、浅尾、マルチネス、三ツ間


リリーフ陣はだいぶ変わったな。ちょっと少ないのでは。祖父江あたりがそろそろ上がって来るかな?浅尾がどこまでやってくれるか。マルチネスは未知数だ・・・三ツ間あたり踏ん張ってくれるといいが・・・


いやあ、ちょっとやはりリリーフは不安だな。田島もそろそろ戻って来いって、背信のことはもう昔のことだし。


今日の先発、松坂は先日、新聞でインサイドワークでなるべく長い回を投げて、リリーフを助けたいと言ってくれた。それが松坂にできるのか?


松坂がMLBで故障明けのメッツ時代、先発で省エネ投法ができていた時があった。私も今年松坂が中日に入って、きっとあの時のようなピッチングをしてくれるのだろうと思っていました。しかし実際は逆球の連発で投球数を増すばかりの荒れた投球。前回の5回だったか、いい感じだった。あれを序盤続けれれば、7回くらいまでもつのではないかと思う。


松坂は自分自身、荒れ球、逆球、球数の多さは自分の特徴としてとらえているが、ここはチームのため、技巧派松坂になってくれ。


こんなに気にしちまって・・・・なんだかんだで松坂が投げるのは見たいですね。

最後にパーっと明るく、不気味に

小熊投手、よくやった!8回を3安打10三振とはすごいじゃん。


ごめん見てなくて、速報だけで・・・・


しかし前回の広島戦でみせた力のあるストレートと変化球を織り交ぜて抑えていったのでしょうかね?投手らしい体付きをしている小熊だけに、目覚めたとなると頼りがいがあります。もう来年に向け手でいい、一つでも多く勝ってほしい。


打線はあのアルモンテが帰ってきたような打棒ぶりでしたね。いろいろ問題ある打線だが、外国人が引っ張ってくれるのが今年のドラゴンズ。助っ人に身を任せつつ、平田、周平、福田でまわりを固めれれば。ちょっと大島があんまり目立ってないような気がするが・・・


最後はついに佐藤を起用。危なかったがとりあえず負の連鎖を断ち切った。続けて今度は僅差のリリーフで佐藤が持ちこたえるか否か。今後の問題でもあるが、将来性、今の状態でいくと、やはり佐藤にはクローザーといわれるところまで来てほしい。


さあ・・・広島にマジックがでたところで、今年もお後がよろしいようで・・・ドラゴンズはAクラス争いをする望みは若干あるかもしれないが、それは連勝しまくらないと難しい話だ。10連勝しても借金は返せない現状。60敗にリーチかかったままですものねぇ。そろそろ最後だからパーーーーっと明るく、ドラゴンズらしく不気味にいってもいいし、わりとガンバッタやないのって思えるシーズンできれば・・・・ええのに


3戦目は現実逃避して松坂に夢を見せてもらいたいですね。


目指すは・・・・とりあえず最下位脱出・・・・