夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

新首脳陣

野球雑誌においても、中日は超格下のランク。専門家が見てもそう見えてしまうところが悲しい。


これは首脳陣に実績が無いところもあるかもしれない。与田監督は期待が高いが、正直なところよくはわからない。中日に長年、コーチとして活躍したわけでもない。選手生命は短かった。この辺は誰もが疑問には思う点ですね。何故与田さんなんだと・・・でも日本ハムの栗山監督もテレビのキャスターの仕事ばかりしていたようで、実際監督をすると、球団のチーム作りの上手さもあるでしょうが、堂々とした実績を残している。なのでそういった期待もある。


伊東ヘッドがもし監督に就任していたら、若干ちがっていたかもしれない。でも大差はない。首脳陣以上に戦力の乏しさで指摘はされているだろうから。伊東さんが監督になっていたら、周りのコーチ陣もまた大幅に違っていたかもしれないしね。伊東ヘッドはどういう役目をするのか、まだわからない。ベンチの中で作戦面などを補佐するのか、球団や森さんとの意思疎通なのか。これまで中日球団と絡みも特になとは思うので、球団とどうのこうのという権限はないように思う。あるとすれば森SDとの関係かな?とも思える。


コーチ陣もまた阿波野、村上、赤堀の近鉄時代の人。阿波野コーチは与田監督の大学の先輩でわからんでもない。でも阿波野コーチの投手コーチとしての実績は芳しくない。村上コーチは独立リーグでの実績。これはどうなの?って思う。評判がいいとも聞くが、未知数だな。赤堀コーチはプロと独立、韓国など渡り歩いている点、苦労を重ねている。情熱があると信じたいところですね。


中村武志コーチは中日から去って、渡り歩き、中日に戻り、また渡り歩きと外での勉強を重ねてきたところ、情熱もあり、中日という庭も知っているので、ファンとしても信頼がおける。武志はだいぶ苦労してきたし、やってくれると思ってしまう。


秋以来、まだ指導が開始されておらず、さらに最近、首脳陣のことについてあまり、情報が聞かれないので、改めて書いてみたのですが、意外と繋ぎのようにも見える。与田監督は違うと思うが、やはり急造感がある。解説者として戻った井端。東京五輪のこともあるが、中日へ帰ってくるような気がする。韓国にいる落合英二も近々帰ってくるのではないでしょうか。二軍には荒木、浅尾、森野もいる。


でも繋ぎという意識では今年みたくないな。勝ち馬に乗った形でもいい。なんでもいいから好実績を今の新首脳陣で挙げてほしいですね。そのうえで井端も落合も参画してもらう。ということがいいですね。

ドラ日本代表

なんだかんだで中スポは読んでしまいます。


稲葉監督がオリンピックへ向け、平田とか笠原を候補として一応見ていてくれているようですね。


平田はセンスはいいんですが、代表のレギュラーとまではいかない感じですかね。2019年に引き続き好調をキープできればまた見る目も変わってくるのでしょうが。1番打者として日本代表になれればおもしろいかも。同時に平田も年を取っていくので足腰には衰えが来る。今度のオリンピックが代表としての最後のチャンスかもしれない。


笠原は以前から評価も高く、国際試合で結果も出していることから代表への道が開けてきている。笠原も2019年の活躍が鍵になってきている。ブレイクとまでいっていないだけに。2019年は勝ちにこだわってほしい。最近、中日の投手で連勝できる投手がいない。笠原は連勝できる素質がありそうだが、球数が多いのが気になる。


スーパールーキー根尾君もまた2019年の活躍でオリンピックへの道がといいたいところだが、まだ新人。いきなり日本代表とはなかなか難しい。でも世界へ躍り出る近道ではあるんですけどね。WBCあたりが最大の見せ場になるかもしれない。


野球はどうしても世界的には一部地域で行われているだけで、参加チームは限られてくる。WBCで強さを見せたオランダやイスラエルはマイナーの選手が連合で入っているせいもあり、そこそこ見れる状態にはなっているが・・・・今季、ロンドンでヤンキースとレッドソックスかな?開幕戦をやりますね。欧州になんとか根付きたいところだ。野球の原点と言われるクリケットはイギリスの紳士のスポーツなだけに。


日本も海外での試合が行われれば・・・ロッテやソフトバンクが台湾で行っているようですね。お隣にうってつけの対戦相手、韓国があるのですが、交流が難しいのよね。できればKBO、NPBで親密な国際試合ができればいいのですが。サッカーも野球も日韓戦はタダならぬ雰囲気満載で行われますからね。


中日から国際試合への舞台を目指すのは、今季新人の選手が有力ではあると思う。回数は少ないかもしれないが、意外に中日の選手は国際試合でがんばった実績がある。北京の惨劇がきつかったけど、WBCでは福留起死回生のホームラン、井端の起死回生の同点打。いづれもギリギリのところで底力を発揮したことがある。いつかまたドラ戦士が国債の舞台で駆け巡るのを見て見たいな。

神主打法のような打法

そういえば、直倫が打撃改造したらしいですね。”神主打法のような”との御触れが出回っている。何、のようなとは?神主打法にしておけって感じですね。


写真で見ると、スタンスが広くて余裕が無いように見えるけど大丈夫かいな。以前から続けている打法も足がロックして余裕が無いのではないかと思ってました。以前からの打法は現巨人の中島を参考にしていると聞いたことがあります。


神主は力を上手く使い打球を飛ばせればいいのですがね。難しいのではないかな?神主打法は。もといみたいな打法は。ここは落合さんに指導を!っていきたいところですが、それは難しいと思うので、ゲーリーレーシッチに聞いてみるのもいいかも。いまでも中日に繋がりがあるなら。


当時、移籍してきた大物、落合の神主打法を左打者でありながら取り入れ、なかなかのコンパクトな打力を見せた。それによりホームランは減ったのは確かだが、まず三振が減った。ゲーリーなら必ずヒットを打ってくれるというような感じになった。助っ人にホームランではなくというのもちょっと物たりはしないのだが、外国人でありながら落合打法を取り入れたところが、魅力的だった。だが、よくよく考えてみると、ゲーリーは脇腹痛になやまされ、シーズン途中の欠場、ひいては日本シリーズも満足に働けなかったところが痛いとこでしたね。持病なのかどうか定かではないが、神主打法をうまく取り入れないとこのような怪我になるのかな?と思ったりもします。


直倫は守備に関しては内野はどこでもできるので、スパーサブの役割もできるとは思うが、出場し続けないと、バッティングがおかしくなる感じがする。2016年はなんとか出場を続けて250の打率までもって行った。固め打ちもできるので、レギュラーならそれなりとは思う。でもやはりどこまでいっても、勝負弱く、足が遅いというのは痛い。この点どちらかが克服されていれば、2番くらいの打順をものにはしているとは思う。


セカンド、ショートは京田、根尾になる可能性が高いような気がする。ショートで2人が争えば、セカンド周平、サード福田。なかなか内野手は入る余地が少ない。怪我による離脱があれば直倫も入り込めるとは思うが、打撃にかかってくるなあ。神主打法の成功を祈る。