夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

ドラ1トリオ シート打撃

柳、鈴木翔、小笠原の3投手のシート打撃。


柳投手はボールが高めに浮いているようでした。昨年の公式戦でもよく高めに浮くことがありましたが、これは特徴なのかな。どうしても高めに浮くと痛打されるイメージがあるし、豪速球を投げるわけでもないので心配は心配。高低で勝負する感じはあるが、横の揺さぶりなんかも今年は進化を見てみたい。粘りと頭を使った投球を柳はするはず。


鈴木翔太投手は思ったより体が細いと思った。投球フォームの美しい投手だけに、普通に見える。球速もさほどではあるし、ウイニングショットも特にインパクトあるものではないと思う。キレがどこまで持続できるかだと思う。昨年、バテバテになるシーンを何度か見たのでスタミナも気になるところ。


小笠原は力強かったように思う。この時期にしてはかなり球が走っているように見えたのですが。上記2人に比べると、下半身のどっしりさは規格外なので、投手らしい体。極端に太ってもいないのでまずは安心。やるような気がする。メジャー行く前の菊池雄星との勝負をもう一回見たいものだ。


この3人が今年どこまでやってくれるかは中日にとってチーム状態を保つことと、将来へ向けての希望でもあると思う。小笠原が一番期待できそうだが、まだ2月初旬なので。


対して打者側では、やはり福田がいい。右中間への3塁打、三遊間への安打。バッターボックスでの雰囲気もいい。大島もらしい右前打を放っており、この2人は野手として鍵になってくるとは思う。平田がここでどう存在感を示してくれるか。


松坂も4度目のブルペン。投げた後、体が左に流れることもあるが、そうでない投球は力強い感じがする。報道ステでは熱盛に出ていたのが面白かった。ファンが期待するの150キロの球が3位。これは無理しなくていい。本人は謙遜しつつも投げれそうな言い方だったが、投げれるとしてもほんとのたまにでいい。2位はホームラン。これは松坂も気にしていたようですね。わりとこの願いは多いですね。松坂も1本は打ちたいと言っているところやはり打撃には自信ありかな。1位が公式戦での勝利。勝利してお立ち台にあがる松坂を見たいと思っているようです。


いいね。今年は松坂の注目度もあるが、他の選手達も昨年のような混沌とした感じではなく、ちょっと固まりかけてきたかな、芽が出始めてきたかなと思えるところが嬉しい。



星野さん追悼

3月3日の星野さん追悼試合で、統一ユニをきるようですね。


背番号は現役時代の20


胸の番号は監督時代の77


いろやデザインはよくわかりませんが、中日ドラゴンズとしては、初めての試みなのかな?たぶん。


星野監督時代のDマークの帽子と、その時代のユニホームだと感動もひとしおかな。

松坂 ブルペン

松坂投手は捕手を座らせて、60球以上の投球。


確か昨年、調子がいいからと200球以上投げ込んだら、それ以降おかしくなったということが原因かどうか知りませんが、首脳陣はスロー調整を要求しているようです。


多分、今まで松坂は投げ込んで調整してきた投手とは思いますが、ここは首脳陣の言う通り、スローでいったほうがいいと思います。使い切るより、節約するような感じで。高校、プロともう十分体は鍛えてきた。


豪速球のイメージが強い松坂。メッツ時代の最後のほうで、若干、技巧派転向の様子を見せた時があった。あれでいいんじゃないですかね。QSもしていたみたいだし。松坂がもしこのまま一軍の先発のマウンドに立ったとしても、5回投げて継投ということでいいと思う。球数も100球以内で。それで勝ち星でも稼げれば御の字だ。


森監督が松坂に期待したのは、シーズン2勝!


いやいや、そんなわけないでしょ。と言いたいが。やはり松坂投手!まだわからない。練習試合やオープン戦でも投げれるかどうか。ましてや一軍のマウンドに上がれるか。


まずはキャンプを無事乗り越えてからですね。


余りにも早く、一軍公式戦に松坂が登場したら・・・ヤバイかもしれない。ヤバイとは当時の川崎憲次郎投手を彷彿させるからだ。森監督の言葉の節々に引退試合を用意してもいいという言葉が気になる。


私は先発でベテランの味出しながら5回づつでも投げて、勝利していく松坂が見たい。豪速球はもういい。ベテランのいやらしさ、厚かましさで勝負だ、松坂投手。