夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

50試合の経過

今季50試合を経過しましたが、23勝27敗1分けと五割に到達することなくここに至ります。魅力的なところも随所にみせているドラゴンズですが、心配なのがここ数年続いている夏場の失速ですね。その兆候は投手陣に現れているかもしれませんが、乗り切れるのか。


投手陣は開幕当初、未来の中日を背負ってくれると思われた
柳-小笠原-鈴木翔太ー笠原が現在2軍調整中となってしまいました。春先には先発で10勝以上期待されたジーは血行障害で帰国。大野に関しては未だ立ち直れず。


これだけでも期待のローテ全滅ですね。しかし今年はその裏のローテを持っていた。
松坂-吉見-山井-ガルシア。どうなるかわからんがマルチネス。
まったくの無名、注目度が低かったガルシアがまさかのエース級で6勝。一軍マウンドに立てるのか?と言われていた松坂、ここ数年、怪我で苦しむ吉見、不調が続いた山井、新星のマルチネス。


松坂、吉見、山井はいい意味で酸いも甘いも知ってるベテラン。信頼はできるがこれで最後まで行くとも思えない。ガルシアは予想以上なのですが、おそらくこれまでこんなに投げたことあるのかな?疲れが出てくると思われる。マルチネスは可能性ありだがスタミナ不足かもしれない。そして6人のローテにするにはあと1人。大野、小笠原あたりがと思っていたが、昨日2軍の試合であんましだったみたいですね。


どちらにせよ、現ローテもそう長くは持たないかもしれません。なので最初にあげた若手投手陣がまたローテを張っていく時が来ると思われます。1シーズン通すというのは難しいですね。


打線のほうは、拙攻の連続でしたが結構な強力打線を組めていると思います。これも予想以上だったアルモンテの功績が非常に大きいところ。若いところで高橋周平はまだ出たり、出なかったりですがやはり固め打ちできる、長打も打てるという存在。打線に入っていると期待できる。福田も併殺は多いかもしれませんが、ホームランを狙う打者として付いて回ることだとは思います。もう気にせず思い切りやってほしい。


最後にリリーフですが、これは苦しくなってきた。とりあえず、上がってきた又吉に期待する。祖父江もよく頑張っているが、落ちてくるですよね。多分。鈴木博志も疲れが出てきているがどこまでいけるか。


2軍の準規、三ツ間、阿知羅あたりもなんとかがんばって上がってきてほしい。