夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

薄氷

セリーグ再開。DENAを迎えてのナゴド3連戦。一戦目勝利しました。サヨナラ勝ち。なんだけども、9回で終わらんといかんゲームやった。吉見の勝利、周平のファインプレーが一瞬にして消えてしまった。


苦手の石田が先発してきたが、2回に捉えて逆転。しかしその後は石田のペースで追加点が奪えないのが痛かった。チャンスらしいものも無かった。


しかし吉見が好投して7回を2失点で抑える。ロペスが欠場しているのは中日にとっても有利になったと思う。ロペスに決められるシーンが多いですからね。


8回、宮崎の1,2塁間のあたりを周平が良く捕った。これで勝利への流れを完全に掴んだと思いきや・・・・・田島が被弾。同点へ。


その後は予想外の総力戦へとなっていった。ラミレス監督はリクエストの時間稼ぎ、申告敬遠の有効利用などを行ってくる。わりと細かいところまで作戦を立ててくるところは、外国人とは思えない采配ですね。延長に入ると強力なDENAのリリーフ陣に対し、不安定な中日リリーフ陣の差が出ると思ったが、筒香と宮崎がすでにベンチに下がっており、失点せずに済んだのかな。


攻撃では2度の満塁。一度目はビシエドの併殺で潰えた。バントの上手くない大島、京田にバント指示。このへんは打たせてもというところだが、堅いほうを選びましたね。


2度目は福田を代えてまで代打直倫でバント。見事成功した。直倫はバント上手いほうだとは思う。特に今日のバントは危なげなかった。堅いプレーをするとき直倫は役に立つ存在になっているのでしょうかね。


最終的に、大島の押し出しでサヨナラ勝ち。なんとなく勝ったという感じ。正直、同点に追いつかれたところで負けたかという感じもあったが、よく勝てたね。


明日は東が先発してきますね。なんとしても今、DENAを叩いておかなくてはならない。ロペスの欠場。筒香もどこか痛めているはず。DENA打線が大人しいうちに。こちらはガルシア。ナゴドでのガルシアは好投が期待できると思うのだが。8勝目なるかですね。なかなか先発に勝利が転がらない今、ガルシアは勝ちを重ねてほしい。