夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

魔をもって魔を制す

今日は危険な試合だった。松井頭部死球。ビシエドも死球。阪神も福留が足を痛めたり、死球もあったと思うが、試合が長引くともっと負傷者が出ていたかもしれない。


しかし、9回、いつもやられる9回を今回は相手にとって、魔の九回にした。ドリスを攻めて7-6の逆転勝ち。また勝ち試合を落とすところでなんとかうっちゃり。アルモンテの5打点のおかげですね。


先発ガルシアは途中で捕手が松井から武山にかわったことで?調子悪くなったのかな?悪いなりにも大崩れしないのがガルシアだったが、今日は押し出しをしてしまうなど、もうひと踏ん張り足りなかった。


8回の藤川と岩瀬の投げ合いは、かつてしのぎを削った竜虎の対決を思い起こさせた。ともに死線をくぐり抜けてきた投手だけに、2人の好投は何か静かに熱いものを感じた。


9回の逆転劇。藤井の凡退で、勝負あったか・・・と思った。しかし今日ヒットの無い平田が四球を選ぶ。これが平田のいいところなんですよね。相手に与える不気味さがある。これでドリスが動揺。いつも流れを切ってしまう京田が今日は安打で繋ぐ。大島も内野安打。4番ビシエドは再三ライト線へ脅しをかけたが三塁ゴロホーム封殺。終わったかに見えたが、アルモンテのクールな逆転打が出ました。満塁のピンチをチャンスに変えたというところか。


最終回、佐藤は劇場を起こさず、あっさり3者凡退に切った。あらっ?拍子抜け?


勝ちゲームを逆転されたけど、再逆転で勝ちゲームに戻す。
ここぞの満塁をものにする。
クローザーが3者凡退で切り抜ける。


待ち望んでいた試合ができたじゃない。


まあ、明日になったらもとに戻るかもしれないけど。もう消化試合の領域だからかもしれないけど。


湿気と怪我の重苦しい中、よく勝ったんじゃないですかね。一日でも多く、勝ち試合が続くことは嬉しいことです。