夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

夢と現実の隔たりなのか

中日CSへ向けて、意気揚々と横浜へ!って感じがあったんだが、どうも夢と現実には隔たりがあったのかな。


先発は引退試合の加賀で1打者のみの登板。平田が三振。二番手に京山。おそらく平田の三振のお礼?なのか京田にホームランを浴びる。山本昌のときも2番手大野だったか?やはり甘い球を投げたのかな?まあ、そのへんはいろいろ暗黙でいい。とにかくお礼が1点先行ということで一応優位に立った。小熊のその裏同点にされるも、これで互角とみて2回以降の勝負ではあった。


しかし小熊、最近、ビッグイニングを献上するクセが出てしまいましたね。いやDENA打線が強力なのでしょう。小熊は沈み、2番手又吉も3失点。中盤で勝負あり。


これまで信じられない逆転を許してきた中日。たまには信じられない逆転するかとも期待があったが、なんと京山にほぼ完投負け・・・ところで京山は小熊の高校の後輩のようですね。ということは小熊は悔しいな。やはり継続して好投することは小熊には難しいかな。来季、期待しているよ小熊君。


打線はほぼ散発。いつもの割と期待できる打線はどっか行ってしまった。中盤の大量失点で消沈してしまったか・・・・


この1敗は痛いね。全勝を目論んでいたから・・・少なくとも私は。立浪が言ってた7勝2敗で終わればという線で考えるとあと1敗可。それが明日かもしれないという、急な弱気が襲い始める。


ハッキリしない天気で雨が降るこのごろ。阪神は試合を消化しないといけない。もしかしたら打ち切りになるかもという変なルールまで出てきている。ダブルヘッダーはもう永遠にやらないのか?


ただただ試合消化のいい中日。ドーム球場がホームならではの消化の良さ。


緊張感のある試合を少しでもと、考えてはみたが、現実、その資格はとうの昔に終わっている。ただただ夢だけが先行していたのか・・・


それでも他力ながら、まだ可能性があるCS。どう挑むか中日ドラゴンズ。


これで終わりにするか、続けるか・・・・