夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

クローザーの後継者

岩瀬投手、1000試合達成しましたね。おめでとうございます。


よくここまで来たものだ。初登板が昨日のようにも思われる。


入団当初、最強のリリーフ、途中から、鉄壁のクローザー。長い間、岩瀬がいるからこそドラゴンズが勝てているという状況だった。それは誰もが認める。それゆえに今年のリリーフの崩壊は、あの時の岩瀬がいたならと思ってしまうことも多かった。


岩瀬は川上の話によると、随分、ずぼらな性格のようなことも聞いたが、もしかしたらそういう性格がクローザーに向くのかな?と思ったりする。まあ、岩瀬はかなりいろいろ悩んだとはおもうが、そういう性格がさいわいしてということもあるのかな?


追記になりますが、岩瀬投手は、円形脱毛や、眉毛が抜けるなど、かなりストレスをもって試合に挑んでいたようですね。クローザーというのは岩瀬の言うように、調整はやりやすい方だが、精神的にきつい仕事であることを、物語っていますね。


でも今は、あの時のように岩瀬に頼るわけにはいかない。今年、クローザーで頑張った佐藤も、やはり制球が定まらず、鉄壁とまではいかない。田島は見ての通り散々やられてしまった。几帳面なのかな?


まあ、性格は人それぞれで難しい。一概には言えない。


来年、引き続き、佐藤でいくか。佐藤は8回あたりのリリーフがいいような気がする。


田島はどうか。見てくれで判断はできないが、やはり体を絞れば以前のようなキレとかがもどるとは思う。メンタルはわからない。


期待できるのはロドリゲスだとは思う。あの豪速球はそうそう投げれないし、スリークオーターの左というのも魅力ですね。見たところ、イライラしたりする素振りはないようで、ポーカーフェースなところもある。職人さんのような顔つきだと最近、思う。あとはシーズン通していけるかどうか。必ずパテは来る。


はたまた新外国人をつれてくるか。豪速球タイプがもう1人いると、相手はかなり嫌がるとは思う。


今年散々みた、魔の9回は来年は、無くなりはしないだろうが、1回か2回くらいにしてほしいですね。勝てる、十中八九勝てるのなら、確実に勝つ。それがないと苦しいシーズンは続く。