夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

扇の要

加藤バズーカ・・・甲斐キャノンに対抗して、中日の原石、加藤捕手に伊東ヘッドが目を付けてくれたそうですね。


しかし加藤バズーカは早すぎるので、あんましはやし立てないでほしい。結果が出ないとどうにも名前負けするというか。スナイパーのほうがしっくりくるような気もする。昔もJFKに対抗して、山井と鈴木義でYSだ!なんてこと中スポが書いてましたけど、うまく行かず・・・なんかこっぱずかしい感じがします。普通に、浅尾・岩瀬とかでいいと思います。


加藤捕手のことはあまりよくも知りませんが、肩がいいという噂は入団当初から聞いており、そんなにいいなら一軍で見て見たいなという感じでした。でも入団してこのかた一軍出場は、極わずか・・・まったくいいも悪いもよくわからないまま今に至っていますね。


三重高校出身で青学。地元出身で中日に憧れていてくれた、貴重な両想いの選手ですね。いままで何故出てこなかったかというと、やはり打撃に問題ありなのかもしれません。捕手は全体的に打てない。やはり仕事が過酷で常に球と向かい合っていなくてはならないし、扇の要といわれるように作戦参謀みたいなところもありますしね。


中日のキャッチャーはよく盗塁されてますが、肩がいいと言われるのは、桂と加藤のような気がします。打撃に関しては、本来、杉山がもっとも期待できるとは思います。松井雅人もなかなか今季は頑張ったほうだと思います。木下はパンチ力ありで、出続ける体力と元気があれば体も一番大きいと思うのでいい捕手になると思うのですが、なんか元気が無い。武山に関してはリードが一番熟練しているとは思いますけど、プロレベル的にどこまで優れたリードなのか。他に外国人マルチネス。彼に関しては育成段階。よほど日本に溶け込まないと難しいとは思うが。


これから期待されるのは、ドラフトで入ってくる石橋捕手です。高校通算57本?ホームランってのは魅力はありますね。まだ当分は2軍生活になるでしょうが、若くして一軍に上がってくるのはなかなか難しい。思い切って経験を踏ますということもありかもしれませんけどね。この辺は投手陣が納得しないと使うに使えない。首脳陣の保護が必要となってくると思います。


長くやったものが勝ち。みたいな日本の捕手。体力的になかなか年間通して出場ということは難しいので、3人分業でやっていく、相性の合う投手とやるみたいな起用法もありということか。中村武志が出てきた頃は、抑えの捕手とかいって、西武からトレードで獲得した大石さんって人もいましたね。これもおもしろい試みではあると思います。まずまず成功していたような記憶がある。体力的にもスタータ捕手が6,7回、抑えが8,9回なんてのも負担軽減につながるかと。


なんといっても投手との関係がどうなのかというところが大きい。全員から信頼されるのはとても難しい。いっそのことMLBのようにリードは投手に任し、キャッチャーはあんまし考えんでいいぞ、盗塁阻止としてランナーとか守備位置とか見とれ、キャッチングは完璧に頼む。みたいな感じでやってみてもどうですかね。投手の負担が増えてしまうので与田監督は好まないかもしれない。


とにかく甲斐があれだけ有名になってしまったもんで、無いものねだりしてしまいます。加藤捕手の肩に期待します。