夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

プロのボディー

台湾WLに今年も中日の若手が参加しますね。


石川翔、高松、伊藤康、山本。の4選手。けっこういい登竜門だと思いますよ。このリーグ戦は。これでブレイクするかと言われるとわからないけど。


個人的には伊藤康の成長を心待ちにしている。手薄と言われる外野の層になってほしい選手。地元出身でもあり彼への期待は大きい。石川翔もどんどん先発させてもらい勝ち投手とかになってほしいですね。


高松選手。新聞ではあどけない表情。どこの中学生や?ってな感じ。足の速さが売り物で、荒木にかわいがられているらしいですね。この選手、入団当初、とんちんかんな回答が多く、かわってんじゃないか?とか言われていた。いいとこのぼっちゃんか、ド田舎者か、そんなとこもあるか。なぜ荒木が・・・やはりその足の速さなのかもしれない。多分、打撃や守備が問題外なのでしょう。まったく2軍の試合にはでていない。ただ足はタダ者でないということか。それならば代走に特化した選手になってみるというのもありかもしれない。ほぼ100%盗塁を決めれる選手というのも悪くない。甲斐キャノンを避けれる能力を身に着けてほしい。


山本投手は、実は何故、ここまで注目されるのかよく私はわからない。注目って言っても中日の中だからしれてるけど、周りの受けが随分、いいように感じる。上背がないが、キレのある球を投げ込む。谷元の再来のような投手。上背がない上に、まだ細いので、ほんと子供のように見えてしまう。ライアン小川のようにプロの体になれば、また違うとは思う。肝っ玉と球のキレは備わっている。あとは体だ。というところで受けがいいのですかね。


高校からプロに入った選手はやはり、体が細い。ここらんへんが2,3年じっくりってところになるんでしょうね。まずはプロの体をつくらないとプロには太刀打ちできないと思う。1回や2回通用しても長くは続かないというところですね。


ぜひ、食いまくってプロの体を手に入れてほしい。