夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

幻の対決

新しいコーチ陣のなかに、かつて近鉄に所属していた、阿波野、村上、赤堀の各コーチ。そのうち、1988年の10.19川崎決戦を経験したのは阿波野と村上の両コーチですね。


10.19。近鉄がロッテとのダブルヘッダーで連勝すればパリーグ優勝という試合。もはや西武に残り試合はなく、近鉄が優勝すると見られていた。相手のロッテは最下位で消化試合。有利かと思われた近鉄であったが・・・・


予想を覆し、ロッテが異常なまでに頑張る試合となった。第一試合をなんとか逃げ切って勝った近鉄。第二試合もリードのまま終盤を迎えたが、ロッテの粘りにより引き分けに持ち込まれた。西武とのゲーム差0。勝率差2厘差で西武優勝。人気の無かったパリーグの試合ではあったが、予定の番組を中止して、放送を延長。大熱戦は未だに語り継がれる。


この年、中日はセリーグ優勝を決めていた。日本シリーズでは西武に完敗。星野中日の若さが黄金期の西武を超えることは無かった。しかしこれがもし近鉄だったらどうなっていたのだろうかと。


中日VS近鉄 日本シリーズ初顔合わせになっていた。仰木監督VS星野監督。名古屋vs大阪。なんか魅力的なカードですね。それに中日に在籍したブライアントが近鉄に移籍しており、またこれが大活躍していることから、近鉄にしてみると、ちょっとした気まずさ?みたいなものもある。


実現していれば、どちらが勝ったか?どちらもわりと似ているようなチームともとれるが、監督としては仰木さんのほうが上かもしれない。打線も近鉄に軍配が上がるかな。投手力は互角?どちらにしても中日は負ける運命だったかな。


ただ、西武はリーグ戦苦戦したかもしれないが、日本シリーズは本来の冷静さを取り戻していた。中日は西武に呑まれてしまった。対近鉄になるとちょっと違っていたかもしれない。流れを掴めば中日日本一もあったかもしれない。


その当時、阿波野VS中日打線、中日投手陣VS村上、ブライアントというシーンもみれたかもですね。あの時、直接激突するかもしれなかった阿波野、村上が今、中日のコーチをしている。近鉄球団は2004年を最後に消滅。仰木さんも星野さんも故人となってしまった。


あの熱い時代は思い出の中へ。