夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

神主打法のような打法

そういえば、直倫が打撃改造したらしいですね。”神主打法のような”との御触れが出回っている。何、のようなとは?神主打法にしておけって感じですね。


写真で見ると、スタンスが広くて余裕が無いように見えるけど大丈夫かいな。以前から続けている打法も足がロックして余裕が無いのではないかと思ってました。以前からの打法は現巨人の中島を参考にしていると聞いたことがあります。


神主は力を上手く使い打球を飛ばせればいいのですがね。難しいのではないかな?神主打法は。もといみたいな打法は。ここは落合さんに指導を!っていきたいところですが、それは難しいと思うので、ゲーリーレーシッチに聞いてみるのもいいかも。いまでも中日に繋がりがあるなら。


当時、移籍してきた大物、落合の神主打法を左打者でありながら取り入れ、なかなかのコンパクトな打力を見せた。それによりホームランは減ったのは確かだが、まず三振が減った。ゲーリーなら必ずヒットを打ってくれるというような感じになった。助っ人にホームランではなくというのもちょっと物たりはしないのだが、外国人でありながら落合打法を取り入れたところが、魅力的だった。だが、よくよく考えてみると、ゲーリーは脇腹痛になやまされ、シーズン途中の欠場、ひいては日本シリーズも満足に働けなかったところが痛いとこでしたね。持病なのかどうか定かではないが、神主打法をうまく取り入れないとこのような怪我になるのかな?と思ったりもします。


直倫は守備に関しては内野はどこでもできるので、スパーサブの役割もできるとは思うが、出場し続けないと、バッティングがおかしくなる感じがする。2016年はなんとか出場を続けて250の打率までもって行った。固め打ちもできるので、レギュラーならそれなりとは思う。でもやはりどこまでいっても、勝負弱く、足が遅いというのは痛い。この点どちらかが克服されていれば、2番くらいの打順をものにはしているとは思う。


セカンド、ショートは京田、根尾になる可能性が高いような気がする。ショートで2人が争えば、セカンド周平、サード福田。なかなか内野手は入る余地が少ない。怪我による離脱があれば直倫も入り込めるとは思うが、打撃にかかってくるなあ。神主打法の成功を祈る。