夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

新首脳陣

野球雑誌においても、中日は超格下のランク。専門家が見てもそう見えてしまうところが悲しい。


これは首脳陣に実績が無いところもあるかもしれない。与田監督は期待が高いが、正直なところよくはわからない。中日に長年、コーチとして活躍したわけでもない。選手生命は短かった。この辺は誰もが疑問には思う点ですね。何故与田さんなんだと・・・でも日本ハムの栗山監督もテレビのキャスターの仕事ばかりしていたようで、実際監督をすると、球団のチーム作りの上手さもあるでしょうが、堂々とした実績を残している。なのでそういった期待もある。


伊東ヘッドがもし監督に就任していたら、若干ちがっていたかもしれない。でも大差はない。首脳陣以上に戦力の乏しさで指摘はされているだろうから。伊東さんが監督になっていたら、周りのコーチ陣もまた大幅に違っていたかもしれないしね。伊東ヘッドはどういう役目をするのか、まだわからない。ベンチの中で作戦面などを補佐するのか、球団や森さんとの意思疎通なのか。これまで中日球団と絡みも特になとは思うので、球団とどうのこうのという権限はないように思う。あるとすれば森SDとの関係かな?とも思える。


コーチ陣もまた阿波野、村上、赤堀の近鉄時代の人。阿波野コーチは与田監督の大学の先輩でわからんでもない。でも阿波野コーチの投手コーチとしての実績は芳しくない。村上コーチは独立リーグでの実績。これはどうなの?って思う。評判がいいとも聞くが、未知数だな。赤堀コーチはプロと独立、韓国など渡り歩いている点、苦労を重ねている。情熱があると信じたいところですね。


中村武志コーチは中日から去って、渡り歩き、中日に戻り、また渡り歩きと外での勉強を重ねてきたところ、情熱もあり、中日という庭も知っているので、ファンとしても信頼がおける。武志はだいぶ苦労してきたし、やってくれると思ってしまう。


秋以来、まだ指導が開始されておらず、さらに最近、首脳陣のことについてあまり、情報が聞かれないので、改めて書いてみたのですが、意外と繋ぎのようにも見える。与田監督は違うと思うが、やはり急造感がある。解説者として戻った井端。東京五輪のこともあるが、中日へ帰ってくるような気がする。韓国にいる落合英二も近々帰ってくるのではないでしょうか。二軍には荒木、浅尾、森野もいる。


でも繋ぎという意識では今年みたくないな。勝ち馬に乗った形でもいい。なんでもいいから好実績を今の新首脳陣で挙げてほしいですね。そのうえで井端も落合も参画してもらう。ということがいいですね。