夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

新型恐竜打線

長い間、守備重視のチームつくりをしてきた中日。これはナゴヤドームの広さに対応するため、星野監督のころからのチームスタイルと言っていい。


恐竜打線とは、あの狭いナゴヤ球場で打撃を主眼に置いたチームの時代のことだ。現在の打線はどこを向いているのか。落合時代のアライバが活躍していたころを目指そうとしているかどうかはわからないけど1,2番を大島、京田でやってきているのは1,2番でも勝負を決めてやるという感じもする。アライバとの違いは2人とも左打者。二遊間でなく遊撃、中堅という守備位置。大島、京田は単独での盗塁が多く期待できる。アライバはエンドラン型の1,2番だった。大島、京田も京田にバントに特化させるのはちょっともったいない。新人安打記録を達成しているだけに。いろんなことはできるとは思いますが。


問題はその後ですね。先のナゴヤでの楽天戦。クリーアップを外国人で固めたスタイル。これは長打がもっとも効果的に期待できるのですが、三振や併殺を繰り返す危険性も含む。幸いアルモンテは安打製造機の雰囲気があり、ルナのように単打タイムリーは得意のようだ。ビシエドは怖い打者ではあるが、沈黙も意外と長い。モヤは大きいのが打てるが、三振と併殺に獲られる可能性が高いような気がする。守備としてアルモンテ、モヤには難点が見受けられており、やはり平田が右翼でクリーンアップを担ったほうがいい。また松井祐介もアピールしており、ぜひ活かしたい選手なんだが・・・


下位打線は福田、高橋、大野(捕手)。福田の6番あたりはいいと思う。メンタル的に真面目過ぎるような福田なので4番、5番は硬くなりそう。今年実績をさらに上積みしたうえで来年狙ってくれたらいい。7番周平。これも長打期待。セカンド争いはまだ終わっていない。しかし他の選手を入れるとなると、打線も大きく変えなくてはならない。荒木、亀澤はどうみても1,2番の打順が最適。直倫、阿部は7番でもいい。ここまで周平推しできたのだから、開幕から数試合は周平で行ってほしい。そのうえであまりにも調子がでないならしょうがないけど。


予想される打線
1.(中)大島
2.(遊)京田
3.(左)アルモンテ
4.(一)ビシエド
5.(右)平田
6.(三)福田
7.(二)高橋
8.(捕)大野


京田の2番が口惜しい。1番を打たせたい。
3番アルモンテはいいのだが、左翼守備を改善できるか。
平田、福田はシーズン通して出場できるか。
高橋は覚醒するか。


怪我や不調がどの程度出るかで、また打線も変わるでしょう。福田、高橋が恐怖の下位打線で暴れてくれることを祈る。