夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

松坂 VS 菊池

オープン戦の西武戦。2万4千の観客だったようですね。先発が松坂と菊池とは。


松坂は読んでましたが、菊池がでてくるとは。見に行った人は思わずこりゃすげえ、夢のカードが実現したということになったかも。


しかし、菊池は寝違い?で1回で降板。松坂は3回を投げるも制球が定まらず、76球以上は投じましたが、四死球も5と荒れてました。うーーんこのカード、交流戦の公式戦でも見てみたいものだ。今年はメットライフ(西武ドーム)で西武VS中日。松坂がそのころまでもっていれば、里帰りを兼ねて先発させてやりたいものだ。もちろん相手は菊池がいいのですがね。でも小笠原も去年のリベンジと成長した自分を菊池に見せたいため、投げたいと言い出しそうですね。小笠原みたいな心意気を他の選手も恥ずかしがらず見習ってほしい。プロだからね。


松坂は荒れていましたが、ワインドアップ投法が荒れさせたのかどうか?それに左にやけに反れる。投げた後の態勢がバラバラのような気がしました。松坂らしいということなのかな?次回はさらに5回くらいなげてほしいところ。その前に明日、明後日、肩に異常がないことを祈る。


打線は平田、ビシエド、荒木を加えて、厚みを増したように見えた。平田1安打2四球、この四球を選べるところは平田のいいところでもある。ビシエドは3安打に打点。上がってきたかな?荒木も打点。3人はそれなりに頑張ってくれたが、貧打解消とまではいかなかったかな。


試合は3-2でリードして終盤。柳が松坂の後を受けて好投5回を3安打1失点。しかし、勝負どこで山川に手痛い一発を喰らう。リード云々にかかわらず、柳は去年も終盤に痛い一発を喰らうことがあった。9回は田島が森に勝ち越しの一発を喰らう。


悔しいのは、源田、山川、森と西武の期待の若手にことごとく打たれている。こいつら抑えてこそなんだけどな。