夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

逃げ切り必勝

福岡に乗り込んでの第2戦。中日4-3ソフトバンクで逃げ切り勝利。今日の勝ち方、いいですね!リードを継投で逃げ切る。落合時代の野球とかいう人もいるかもしれませんが、元来、中日はこの手のゲームをパターン化させ勝ち星を稼ぐのが得意な球団。いや、今のプロ野球チームはみんなそうですね。先発も必要だが、7回以降、強力なリリーフ陣がいれば優勝に近づける。これが壊滅するとレースに参加できない。


今日も上位で得点ができている。ここまでくるとアルモンテの存在は非常に大きなものとなってきている。必ずどこかで打点を取ってくれる。彼の前にランナーが出なければ意味はないが、一番かき回せる大島、京田ですからアルモンテで早い回に先制が可能な状態となっている。先制すれば逃げ切りの算段ができるので先発の踏ん張りも必要だが、リリーフが重要になってくる。かなり不安視されていたリリーフだが、又吉を戻したことにより中日のリリーフ陣は強力となった。加えて谷元、鈴木博、祖父江、岩瀬。


しかし、田島がもう一つわからない状態になっているため、今日は伊藤準規を最後に投入。準規は球が速いのでクローザーの資質はあるんだけど、プレッシャーのかかる場面では制球を乱すことが多い。今日無失点なんだが、四球2つでハラハラの状態だったはず。


昨年とかを見ていると、ランナーのいる状態にくらべランナー無しで出たほうが準規は無双のピッチングをしたりするので、今日はその場面だったが、オープン戦とはいえ、相手は日本一の鷹。しかも1点差ということで緊張しちまったかな。最終的には田島なんでしょうけど、準規に可能性が無いわけでもない。投げさせて場数を踏めばそれなりになるかもしれないし。


田島、準規の2枚クローザーでも鈴木博の台頭でもいい。


もう少しで必勝パターンが完成するかもしれない。今日負けていたらいつもと同じかという感じでしたが、逃げ切りで勝ったことによりドラゴンズの成長が見れるかもしれません。