夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

堂上直倫

キャンプは松坂フィーバーで、報道陣、観客は松坂に集中。野手は比較的のびのび練習しているようですね。


野手で注目は福田のバッティングが好調なのでは、内野の2塁争いに阿部が入ってくるのでは、大島はいつも通り、外国人はいいかもしれない、周平がなんか調子悪そう。そんなところが情報として入ってきている。


そういえば堂上直倫はどうしてる。地元の期待を背負って10年以上。2016年の規定打席とは裏腹に昨年は京田に遊撃のレギュラーを奪われてしまい、何でも屋稼業となってしまった。昨年、遊撃、三塁、二塁、一塁全て守った。打撃では西武の菊池雄星からナゴヤドームのライトスタンドへ本塁打。非凡なところも見せてはいるが・・・・


ドラフト本命でありながら、外れの巨人坂本ととやかく比較されてしまい苦汁を舐めてきたが、ここまで細くともやってきたので、ある意味不動な存在にはなっている。


直倫の武器。守備。オーソドックスでありながら確実。内野ならどこでも守れるところがいいのだが、やはり遊撃をやらせてやりたかった。今となっては京田にアクシデントか極度の不調が無い限り難しい。守備はともかく、やはりその打撃力に問題あり。本来、スラッガー候補で入団してきた直倫。昨年あたりから常時、右狙いをこころがけた打法は試行錯誤の最終型とも言われる。しかし、出番が少ないため、思うような結果は残せていない。


素人目で申し訳ないが、バットを立てたらいかんのかな?立てればDENAのロペスっぽくなるような気がするんですが。右打も大切かもしれんが、おもっきり引っ張って放り込む。それが直倫の打撃で生きる道だとも思う。俊足でない分、打撃では長打を狙える打者になってほしい。


出場機会にもよるが、2016年、獲れるかもといわれたゴールデングラブ。いつかは獲らせたやりたいが・・・・これだけ目まぐるしく守備位置が変わると難しい。


今年は二塁に周平を推して期待したいが、ドラファンが聞き流したい周平不調の噂がホントであれば、直倫にもチャンスあり。ただテレビなどでは、遊撃 京田。遊撃2番手直倫。2塁にいたっては、周平、溝脇、亀澤、荒木。加えて阿部。入る隙間が無い。三塁福田が不調の場合、三塁もありえんこともないが、福田、周平あたりはドラファン的には不調であってはいけないんだ!使わなくてはならない!という念が込められた2人。この念をはじき返すのは難しい。


直倫、どこまでやれるか!このままひっそりと守備固めで終わっていくつもりなのか?