夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

周平

高橋周平選手、実戦でホームランということでなかなか順調なようです。なんとかレギュラーとってほしいところ。


二塁手候補はかなりいる中日。


大ベテランの荒木。2000本を昨年達成しているので、気負いはない。コーチ業の方にも精を出しているので、どちらかというと後輩にゆずる姿勢かもしれない。しかし400盗塁はしてほしい。


亀沢は2番でセカンドというのが、よく似合う。周平にとっては最大のライバル。ここは難しいなあ。亀沢の粘りのあるバッティングと走塁は捨てがたい。しかし、チャラけたとこは意味不明。


直倫。ほんとは直倫にレギュラーとって欲しいんだか。実際、遊撃候補。スーパーサブでいてもらうしかないか。直倫の守備は文句ないのでバッティングで長打でアピールして欲しい。ホームランだけねらってもいいと思う。また二塁だけでなく、内野に穴が空いたら、どこでも入れる能力がある。


阿部ちゃんも直倫と類似するが、直倫より打撃に魅力が感じられる。継続できるかどうかにかかってくる。


あと、谷もいいんだけどなあ。


怪我せずオープン戦もそこそこ打てれば、周平でいいと思う。魅力的な選手が多いのは嬉しい。実質本職として対峙するのは荒木、亀沢。直倫、阿部、谷はオールラウンド。

アルモヤ守備が酷評されている

中日新聞と東海ラジオの山崎武司はアルモンテ、モヤの守備の緩慢さを指摘。とてもレギュラーの守備はできないとまで酷評していた。


どうも打球の行方を追って捕球地点へ行くとき、とってからの送球が緩慢らしい。


捕球地点への到達が遅れることで、左中間を割られる、またはレフト線の当たりは二塁打にされる可能性が高い。


送球が緩慢なところはシングルヒットを二塁打にする危険性がある。京田なんかも常にそれを狙っている。


この2つが欠点だとすると非常に痛い。バッティングで連続ホームラン。勝負強い打点を常にたたき出さないと元が取れない。


まだ練習なので、そのようなプレーになってるのか、はたまたそれが本性なのか?


期待はしているが、ひどいようなら藤井、松井祐介も控えている。遠藤もいるね。


左翼を誰が射止めるか。決まらないかもしれない。

ところでイチローは?

松坂と同時に、日本へ帰国、ドラゴンズ入りあるかもという噂のあったイチロー。


MLBのFAキャンプ?に参加するとか。まだMLBでも高額の選手が行先が決まっていないというのが多いらしいですね。


イチローの話は一時期、消えていたが、最近なんかまたざわついている。そして中日に入団の可能性という文字まで・・・・もれなく川崎までついてくるとか・・・・


ちょっと待った。
もし、現実になれば、というのはイチローや川崎が中日に入ってきたら・・・根本的にスタメンも変わってしまうかもしれない。二人ともそれなりなら。


おそらく平田を左翼にまわしてでも右翼イチローだろう。セカンド周平の夢が潰えて、川崎になったりするかもしれない。


しかし、イチローの年齢、川崎の現在の能力からすると、いかにドラゴンズの選手が発展途上でも、負けることも無いかと思うのだが、問題は顔ですね。


さすがに、松坂、イチロー、川崎が揃えば、中日ファンでなくとも見に行きたい。


しかしだな・・・ここまで若手をなんとか使ってきて・・・・そこまでするのか?


中日のキャンプで選手は頑張っているが、他球団もまた非常にいいキャンプをしているとのこと。シーズン始まって、やはり力不足はいがめないとなると、上記の顔を持つ選手のインパクトが活きるかもしれない。


非常にそそられる話題なのだが、再高齢化を断行するか、若手躍進にかけるか。どっちやねん。中日ドラゴンズ。