夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

私的なドラゴンズ日本シリーズ戦記 2011年

2010年。日本シリーズに敗れたが、中日ファンの私がシリーズ制覇以外に、憧れているのが連覇という文字でした。これは老舗球団としてはやっておかなくてはいけない。その可能性がある2011年を迎えます。


2011年は3月に東日本大震災がおこり、未曾有の大災害をもたらしました。被災されて方々にはつらい年となりました。


プロ野球どころでははなかったのですが、約半月遅れでプロ野球が開幕しました。またこの年から統一球が使用され、各球団が一気に貧打になってしまいました。中日も確か、リーグワーストの貧打。1-0という試合が増加。阪神との3連戦、全て1-0という3連戦もありましたね。中日では森野や和田がこの統一球のせいかもしれませんが、一気に打力低下。ブランコも一時怪我で離脱。ただこの統一球の打ちにくさはもともと投手力主体の中日には大きく有利となった。


開幕ダッシュに失敗したものの、徐々に調子を上げていくドラゴンズ。そして夏場以降またも地力を発揮。追ってくる相手はヤクルト。神宮球場が苦手な中日。対ヤクルト戦は調子が今一つだが、終盤の名古屋で対ヤクルト9試合中8勝をあげて土壇場で優勝をもぎ取った。これでリーグ連覇が完成。連覇という文字を始めて味わった私は非常に嬉しかった。


しかし、レギュラーシーズン中に落合監督が今シーズンで退任することを発表。でやってしまった。ヒルマン監督の時に思っていたことを今度は中日が。監督の退任を発表しての決戦というのは勝てないはず。10.8もそうだった。負の法則を中日は自ら選ぶという暴挙に愕然とした。のだが、2010年にも思ったように、そろそろ監督を交代させたほうがいいという思いもあった。組織が膠着してなにか鬱積するものが中日にはあったと思う。複雑な心境に陥ったが、日本シリーズで戦わねばならない。


そして日本シリーズ。相手はソフトバンクホークス。2004年の優勝の時、本当は対戦するはずだった相手と遂に激突することとなります。ソフトバンクは資金豊かで選手も役者揃い。対して中日はこの時はチーム史上初ともいえる強い時代が何年も続いていた。しかし打つ手は投手力による堅守による逃げ切り。貧打ではあるがロースコアをいかにものにするかという戦法が主流でした。



第1戦。予想通りの投手戦。ソフトバンクが先制する中、その重い1点を中日が追う。中盤6回、和田がソフトバンク和田からホームランで追いつく!さすがに嫌なところで和田は打つ。2004年の教訓を胸に、和田を獲っておいてよかったなと。投手戦は9回でも決着ならず、延長へ。10回、まさかの代打 小池がソフトバンク守護神 馬原から決勝本塁打。こうなれば岩瀬で逃げ切る。中日らしい勝利。1戦目を敵地で勝てたのは初めてじゃないか?


第2戦。またも投手戦。吉見VS杉内。ゼロ行進が続く中、6回に中日先行、すぐさま追いつくソフトバンク。またも延長戦。守護神 馬原がまたも登場する。ここで森野が決勝のタイムリー。荒木のヘッドスライディングで1点をもぎ取った。必勝パターンで岩瀬が締めくくる。中日のお家芸ロースコア逃げ切りで2連勝。敵地で開幕するも2連勝とは、らしくない中日。落合監督の花道を選手が後押ししているかに見えた。


3戦以降、ナゴヤドーム。願いがあった。ソフトバンクが打たれた馬原に固執してくれれば一気に勝負がつく。ぎりぎりのロースコアでもたせて馬原が出てきたところで一気に攻略。それができると思っていた。しかしソフトバンクは一時、馬原を隠す。セットアッパーのファルケンボーグを抑えて起用。逆にソフトバンクがロースコアをものにしていく。また愛知県出身の森福に無死満塁を抑えられるなど、絶対有利の展開から逆に王手をかけられる。ここでの3連敗はなぜなのか、理解ができなかった。


第6戦。福岡にもどる。和田のタイムリーで2点先制。これは大きい。このまま逃げ切るのはドラゴンズの専売特許。吉見が試合を作っていく。この試合は岩瀬がセットアッパー、浅尾が抑えと順番を変えてきた。らしい勝利で逆王手!3勝3敗で最終戦、勝ったほうが優勝。


しかし、この勝ったほうがという状況。中日は弱いんだよね。


最終戦。中日は満を持して、2007年日本一を呼んだ男、山井を先発させる。緊張する試合だったが、ソフトバンクペース。どうやら中日打線は完全に沈黙のようだ。ロースコアでの戦いではあったが、点が取れなくては勝てない。虚しく完封負けを喫する中日。終わった。終わってしまった。勝てたのになぁ・・・・


落合監督の時代も終わりを告げた。中日はOBを招集し、新体制をつくる。新監督に高木守道。だった。中日OBは長い間、落合派閥から締め出しを喰らい、指導者になれていない。しかも、御年72歳の老人に監督させてどうする。


2012年は2位でCSに参加できたが、その後は・・・・
2013年4位。Bクラス転落。シーズン中の高木監督の迷走には愛想が尽きた。
2014年 落合派閥の復帰。しかしこれもうまくいかず、現在にいたる。


ドラゴンズは5年続けてBクラスを味わう。また昔のように10年に一度の世界にもどっちまったか・・・世代交代の失敗。ドラフトも社会人中心の年を設け、即戦力を求めたが未だに目が開かず。ここ2,3年ようやく高校生を取り始め、未来への建設的なドラフトができつつある。


時は2018年。ドラゴンズは未知数なまま。しかし、今年は選手が揃っている。みんな活躍すれば・・・みんなね。それ毎年、シーズン前思っているよな。でも今年は違うと思う。いやそれも毎年思っているさ。


まあいいさ。期待できる。楽しみにできる。だけでもファン冥利につきるよ。また日本シリーズの舞台へ立てる日を楽しみにしている。ベストを尽くせ中日ドラゴンズ。