夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

大勝のような違うような

甲子園での阪神戦。10-5で大差の勝利。なんですけど、なんなんだこのもやもやした気分は。やはりリリーフがじりじりと詰め寄られてしまった。2,3点リードならすごく危ないということかな。まあ点差があってのことかもしれんが、正直、後半に行くほど、恐怖心が増してくるので、リリーフ陣の整備は急を要しますね。


先発、小笠原が3勝目。5回2/3 6安打 3失点 120球。正直、5回でアップアップですね。勝ちがついただけでも有難く思ってもらいたい。今日負けて2勝7敗とかいう見栄えになったら、小笠原自身、恥ずかしくないか?だからこそ、打線、野手陣に感謝して、次は俺が抑えますんでっていう謙虚な気持ちで。とにかくおめでとう。


打線は13安打10点。相手のエラーにも助けられたが、メッセンジャーに黒星付けたのは大きい。阪神もメッセ以外は今のところ、不安定な投手陣だと思われる。ずっと負け越しが続いている中日だけに、勝ち越すことは必須ですよ。相手のエースを倒したのだから、この3連戦は有利だ。


平田、3安打。好調キープ。ビシエド4安打。最近、アルモンテと同じく冷えてきてるので心配していた。今日はラッキーなヒットもあり、きっかけになるか。


周平タイムリー。なんだかんだで最近5試合4割以上打っている。連続試合安打も続行。頼れるようになってきた。続いて、福田も2安打、タイムリーも。


平田、周平、福田で点が入れば、打線は強力。大島、京田が相変わらずというのが気になるな。京田も打ったんだが。続くかどうかわからない。


リリーフは佐藤がまた登板。この佐藤、リリーフで使うしかないか・・・・もったいない。先発で好成績をあげての昇格だけにね。又吉、田島あたりが調子を取り戻さんと、佐藤に頼らざるを得ない。


岩瀬登板。思うのだが、ただただ1000試合を目指してポイントで登板。今日は大差あっての話だとは思う。思えば、開幕から、岩瀬凄い!というイメージはあるが、あくまで43歳なのに凄いということだ。下位打線にわざわざ登板させにいっているベンチの働きもあった。功労者岩瀬だけに、1000試合まではという気持ちもある。これは中日のジレンマだな。なんと表現していいかわからない。見て見ぬふりともいえる。


最終回、ルーキー清水登板。阪神の望月が投げっぷりよく、豪速球を投げ込んでくるのに対し、清水は落ちる球主体。むしろ落ちる球ばかりと言っていい。あれが清水のセールスポイントかもしれんが、あのまま行けるほどプロも甘くない。強いストレートがないと生きてこない球だ。


明日は満を持して、大野雄大の登板。これが最後かもしれない。復活できればいいが。相手も悩める若きエース藤浪。


悩める同士の対決。見ている方も悩んでしまうかもしれない。ドラゴンズファンはただでさえ病み気味ですから。