夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

私的ドラゴンズ戦記 10.8攻防戦

たまに戦記ものを入れていきますね。よろしければ見てやってください。


伝説、国民的行事と言われた10.8決戦は1994年に行われた。


この年、中日は5割近辺でちょっと貯金あるくらいだったと思う。巨人は圧倒的強さでマジックを点灯させたような気がする。8月末に中日が大失速して、もうだめや・・・みたいな雰囲気が漂った。


9月からだったか8月中盤くらいからだったか、巨人に負けが混み始める。落合も怪我していたと思うが、正直、落合はそれほど怖いとは思っていなかった。どちらかというとし私的トラブルにもめげず、マウンドでぶつぶつつぶやく桑田が怖かった。


とにかく巨人は負けに負け続けた。たまに巨人が勝った時、勝利者インタビューで川合が、子供の名前を叫び、お父さんやったよというようなインタビューが映し出された。苦しいのか、巨人も末期症状になってるわ。その姿は哀れにも見えた。


それと逆に中日は勝ちに勝ち続ける。一度はあきらめたペナントが近づいてくる。巨人はどんどん下がってくる。昌、今中を擁する中日はこの頃、意外に強かった。誰もが羨む2枚看板を持っていた。立浪、大豊、パウエルの主力も健在。もはや巨人の首根っこを捕まえて、まさに締め上げようとしていた。同率!しかも最後の決戦は地元ナゴヤ球場。勝った。というかもう勝っている。巨人は屍同然。ここが何度か経験しているが、ドラファンの甘いところ。まだ終わってない・・・・


決戦当日。18時から世紀の決戦がテレビ中継される。めずらしく最初から見ることができた。球場の異様な雰囲気は画面からも伝わってきた。これはすごい雰囲気だと。


しかし、怪我から復帰した落合が今中から2ランを放つ。これは効いた!落合という打者の怖さを見た。中日時代から落合には期待していたが、正直、物足らなかった。3話5分くらい打って、本塁打50本くらい期待してたから。その落合も翳りが見え始めている。その落合に効果的一撃をくらったのはまずかった。しかし中日もすぐさま槇原を攻めて同点。ここで巨人が王道の継投に出てきた。2番手斉藤。斉藤はこのころでさえも珍しく20勝以上できる投手だった。しかし彼の弱点を私は感じていた。大舞台に弱い。いわゆるノミの心臓なところがある。打てるはずだ!案の定、斉藤は顔面蒼白でマウンドに上がっていた。


しかし、中日打線が空回り。斉藤を打ち崩せない。回が進む。落合タイムリー。落合股関節を怪我、松井が打つ。一気に劣勢に追いやられる中日。3番手。もっとも嫌な奴、桑田が登板してきた。相変わらず、マウンドでボールに祈りを込めている。うわ、なんだ気持ち悪い。宗教的な儀式はやめろ!と思っていた。桑田のきれのいい球が決まっていく。中日の立浪が一塁ヘッドスライディングで肩を脱臼!ここへきてか・・・1点返す。しかし頼みの立浪はいない。桑田の祈りと躍動が中日を追い込んでいく・・・・


敗れた。死闘であったが完敗。巨人の3本柱全てを投入する気迫に敗れた。中日は前日に昌をすでに使っており、巨人のような芸当ができなかった。それでも全員注ぎこまなくてはいけない試合だった。終わってから気づいた。いつも通りではだめだった。決死の試合にしなくてはならなかったのだと。


長嶋監督が宙に舞う!ナゴヤ球場が・・・あのナゴヤ球場の客が誰一人、グランドになだれ込んでこない。名古屋の客も大人になったものだ。そこは感動した。


もともと屍になっていたのは中日のほうで、巨人の商売に踊らされた?いやでも、超満員で伝説の死闘をナゴヤでしてくれたんだ。満足しておこうと思いつつ。幻の優勝を逃した中日。考えてみると中日ドラゴンズの歴史は負けの歴史でもある。伝説の敗北だったな。