夜空のドラゴンズ

中日ドラゴンズ応援ブログです。

老舗球団 中日ドラゴンズの活躍に私的な意見など書いていきたいと思います。

夏へ挑む

オールスター終了して、明日からリーグ戦再開となりますね。


いきなり首位広島と戦う中日。低迷の原因となっている夏場の失速がまた起こるか、例年とは違うところを見せるか、正念場を迎えることになります。


先発は吉見をもってきました。ある程度、ローテの変更はあると思いますが、オールスター前で行くと、吉見-ガルシア-山井-小笠原-笠原あたりは引き続き、6人目に松坂を入れてくるか、柳あたりが戻ってくるか。松坂はやはり10日は空けて使うべきではないでしょうかね。勝ちに行くのであればナゴヤドームで。あえて敵地でトライしてもいいが、これまでおかしなことになっているだけに。


打線は好調をキープしてもらいたいですね。野手に目立った故障者はいない。京田も調子が出てきているし、明日の広島戦は元来、京田は得意なはず。平田の首位打者、福田の一発に期待するとしよう。


中日の二軍には今、めぼしい野手がいないのかいるのかと言われると、いないようである。現在の一軍の選手で最後までやっていくのか?何かこの辺が心配なところですね。出せば活躍できるのか?よくわからない。石垣の2軍のオールスター戦の一撃に将来の希望を見た人は多いと思うが・・・・


他球団はどうか。
広島は正直、春先よりは万全でしょうね。明日からの3連戦、前半は広島に勝ち越したぜ!って小躍りしてるのも今のうちかもしれません。しかし、また勝越せば話は別で、今年は本当に、広島を苦しめているのは中日だということになる。


阪神
急激にまた若手を使い始めている。勢いよく陽川とかが出てきたが、穴は結構あるように思う。決してリリーフも万全ではない。対戦成績も五分近くになっているので不利にはならないと思う。


DENA
ロペスがいないことが前回の対戦で大きかった。代役のソトにはこっぴどく打たれてはいたが、怖さはロペスの比ではない。DENAの決め手のリリーフ陣も昨年、異常なほど踏ん張ったが、疲労もかなりある。先発は打ち込まれることが多いだけに去年ほど、苦手意識を持たなくてもいいと思う。


ヤクルト
怪我人が戻ってきて強い時のヤクルトが戻ってきたようであったが、またもや大型連敗を喫している。別に根拠はないが、ヤクルトは調子がいい時は全員が調子が良く、手が付けられない。しかし調子が悪いと、全員調子が悪いように思われる。波がかなり大きい。次の神宮では前回のお返しをしてほしいものだ。


そして巨人なんだが、以前は何だかんだで上位に上がってくる巨人だったが、よくわからん。ゲレーロ造反。選手の不祥事。はあるものの寄せ集めた選手がそこそこ活躍していたり、若い岡本が台頭したり、いろいろ混沌としている。ヤングマン、メルセデスなど投手陣で外国人が加わり、なんとなくいい方向にきていそうだ。でもよくわからない。やっぱり巨人なのか?巨人弱くなったな!なのか?わからない球団になったものだ。


前半終了前に、DENAに打ち勝ち、僅差をものにして、苦手の屋外で勝ち越した中日は非常にいい雰囲気だった。後半は、あの試合勝てたのになあ・・・・という試合を少しでも少なくして、勝てる試合は確実にものにしていこう。ドラゴンズはちょっぴり大人になれるかどうか。後半戦成長できるか。


優勝なんて誰も期待していない?


いえ、ファンである以上、可能性がある限り、優勝すると思ってますよ。懲りずにね!


それは毎年、どれだけ調子が悪くても、同じです。